Proj. Antichthon – Begin to Search Musics

For the past a week, to use musics as BGMs in my project, I have found cites distributing free music materials. Then I found http://ontama-m.com and some awesome musics.

  • hitori-bochi(ひとりぼっち, means lonely)
  • kumotta-mado(曇った窓, means a dimmed window)
  • yosagiri(夜砂霧, a rustle night)

Especially, I love hitori-bochi because of the meaning “lonely” which fit a theme of this project.

I have been motivated well. Finding great artworks is good to motivate, to create own works.

Advertisements

Elasticsearch+Kibana始めるよ

会社で使うことになったので elasticsearch、始めてみようかと思います。

raspberrypiの試運転がてら8GBのSDにpidora入れてelasticsearch+Kibanaのコードを入れて動くところまでは行きました。ノートのブラウザからも一応KibanaのUIが覗けるところまでは行きましたが、そこからは処理が追いつかなかったのか進まず。

本当はあんまりやりたくなかったのですがとりあえずさっさと試してみたかったのでノートで決行。ノートに色々突っ込んで環境設定をいじくるの苦手。

homebrewで落としてくるだけでできる、すばらしい。

これからいじり倒しそうなので brew install時に言われたコマンドを叩いてスタートアッププログラムにElasticsearchとKibanaを追加。

10 min walk throughを見ながらデータを突っ込んでみる。

curlってこう使うんだとか、これが会社で後輩が言ってたREST APIというものかとか、今更ながら今まで興味なかった基本的なところを「へぇ、これが」といちいち思いながら進めてく。

10 min walk through のシェイクスピアのデータでは正直データ解析をするというイメージがつかめなかったので、kibana test dataで検索して出てきた harukasan/kibana-testdata を使わせてもらう。

慣れないルビーの用語を調べつつ、この方法でなんでインポート出来るんだろうかと戸惑いながらもなんとかデータをインポート。

gem使うの久しぶりだとかbundlerなんてモノがあるんだとか、設定保存系とかバージョン切り替え系とか今まで苦手苦手でやってきたので読むの辛かった。

image

おお、できた。やっぱり時系列データって見やすいですね。

とりあえずハンズオンここまで。次は Basic Concepts 読みながら思想的なところを掴んで行こう

想像していたよりかなりお手軽だったので、お手軽ついでにWebフレームワークとして名高い Ruby on Rails も触ってみたい、と思いつつ自分って今まで本当cssにしか興味持ってこなかったんだなと若干ヘコむ。

OSX Yosemiteの赤/黄/緑ボタンが目の錯覚か上下にずれて見えて気持ち悪い

OSX Yosemiteの赤/黄/緑ボタンの中の黒字のアイコンが、どうしてもずれて見える。

image

赤いボタンの中のバツは上にずれて見えるし、緑のボタンのプラスは下にずれて見える。

で、拡大してみると…

image

ずれてない。

目の錯覚か、そうだとしてもどうにも落ち着かない…

改善されるのか、そもそも問題として認識されるのか、更にそもそも、そう感じるのは自分だけなのか…

追記: 僕は度のかなり強いメガネを掛けていて、もしかしたらそのせいなのかもしれない。像の歪みが強い視界の端にあるときにこの錯覚が顕著な気がする。視力検査で赤と緑の違いのようなものをやった気がするけれど、まさかこういう形で支障を与えてくるものとは…

追記: 同じことを感じていた人がいたみたい。「yosemiteの閉じるボタン(Xボタン?)だけ赤丸の中のXの位置が微妙に左に寄って無いか? これずっと気になってて気持ち悪いんだけど俺だけ?」http://2log.sc/r/2ch.sc/mac/1410520218/

Apple Time Capsule を使ってみる

Apple Time Capsule を購入していざ iPhoto Library を移そうと思ったらデータ移動が異様に遅かった。50GB のコピーが何度繰り返しても 300MBを超えた辺りで 0.1MByte/s 程度のスピードに。

estimate 1d ってはじめは何の事かわからなかった

原因は https://discussionsjapan.apple.com/thread/10134709 を見る限り iPhoto には細かいファイルが多いらしく、そのせいでコピーに時間がかかっているとの事。

リンク先で勧められていたのがdmgに変換して渡す方法だが、やり方を調べるのが面倒だったので terminal で tar を使ってやってみたらすんなり行けた。

$ tar cvf /Volume/Data/iPhoto /Users/****/Pictures/iPhoto Library

これで50GBのコピーも1時間足らずで完了。満足できそうなパフォーマンスにほっと一息

…と思ったら解凍に時間がかかるのを忘れていた。

1時間で2.5GB完了。終わるのはちょうど 1日後。さすがMac、良い estimate time を持っている。

第2報。3.5時間で30GB完了。どうやらはじめの方に細かいファイルが多い模様

  • MacBook Pro Retina, 13-inch, Late 2013
  • Time Capsule 2TB

TeXでpngのincludegraphics

tex wikiに書いてある通り

をプリアンブルに書いて画像の挿入を

includegraphics[width=120mm]{foo.png}

としたところ、エラーが出たので、エラーメッセージに従いtexのコマンドオプションに -shell-escape をつけて

platex -shell-escape foo.tex

と実行したところ、画像用の中間ファイルが自動で生成されながら処理は難なく終了した。

MacのLibraryフォルダに移動する一番簡単な方法?

設定とか移行とか、隠されている割になにかと触る機会の多い Library フォルダ。移動するには command + shift + G で移動メニューを出して Library と打ち込んで…と、一手間必要でした。

その Library フォルダにアクセスする別の方法がadobeのヘルプに書いてありました。個人的には一番手軽な方法かな。

Finder の「移動」メニューを出した状態で option キーを押すと Library がしれっと項目に追加されます。

image

キーバインドの関係でoptionキーを押した状態のスクリーンショットはとれませんでした。残念

Oaoaな日々さんに Library フォルダを常に可視状態にする方法が紹介されていました。

TeXとBiBTeXとbashのgetoptの練習がてらに

texからpdfまでを一括で行うスクリプト。作ったけどtexbinの中に入ってそうだ。-bオプションを取得してBiBTeXの処理オプション、-cオプションを取得して中間ファイルの削除オプションもつけてみた。

function tex2pdf() {
    
    # set options
    BIBTEX=false
    CLEANING=true
    
    while getopts bc OPT; do
        case $OPT in
            b) BIBTEX=true;;
    	c) CLEANING=true;;
        esac
    done
    shift $((OPTIND - 1))
    
    # tex process
    platex $1
    if $BIBTEX; then
    	pbibtex $1
    	platex $1
    fi
    dvipdfmx $1
    
    # cleaning
    if $CLEANING; then
    	rm $1.{log,aux,dvi}
    	if $BIBTEX; then
    		rm $1.{bbl,blg,lof,lot,toc}
    	fi
    fi

}

使い方

第一引数にターゲットのtexファイルを拡張子抜きで指定。

$ tex2pdf texfile

bibtexする場合

$ tex2pdf texfile -b

中間ファイルを削除する場合

$ tex2pdf texfile -c

はじめはplatexとdvipdf打つのが面倒だなと思って作り始めたこんなのだった。

function tex2pdf() {
    platex $1
    dvipdfmx $1
}

こんなのになるまで